媚薬系シンガー、一十三十一(ヒトミトイ)。
趣味はハモリ。彼女が持つ挑発的ないたずら感性はもはや音楽の枠すら超え多くのクリエイターを包み込み常に新しいものを発信する。
北海道出身。幼少の頃よりあらゆるアジア諸国と欧米各国をスパイシーな家族と共に旅してまわる。彼女の持つ独自の開放的センスはここら辺をベースにピカピカ磨かれていく。
高校時期より本格的な音楽活動を開始。兄と地下室にこもり自宅レコーディングにハマる。
クラブ、ローカルFMにとその活動の場をぐんぐん広げていく。
1999年、単身N.Y.へ。毎日が魅惑のセッション。繰り広げられる実験的なコラボレーション。このN.Y.生活で彼女は“一十三十一”の感性を開く鍵を拾うこととなる。
2000年、地元クラブにてスカウトされる。
2002年3月21日、全国のFM局でPOWER PLAYに選ばれたシングル「煙色の恋人達」をブーガルーレコードよりリリース。同年、2ndシングル「WAKE UP!」、3rdシングル「感触」をリリース。
2003年4月9日、1stアルバム「360°」をリリース。
2004年年6月23日には、プロデューサーに堀江博久氏を迎え、待望のメジャーデビューミニアルバム「フェルマータ」を徳間ジャパンよりリリース。本人曰く「まるでアボガド的」なフルーティーな逸品!同年12月にリリースしたシングル「GO NO GO」では全国FM10局でパワープレーを獲得し高い評価を得る。
2005年5月11日、メジャー初のフルアルバム「Synchronized Singing」をリリース。
今をときめく個性派クリエイター達と創り上げたまさにシュワッと弾けるカラフルマジック。
そして2006年5月24日、約1年振りのリリースとなるマキシシングル「ウェザーリポート」が大好評発売中! ! ! ! ! !
このシングルをひっさげ、アーティスト初の「アップルストアー全国ツアー」を果たしたばかりの彼女。11月には、2006年度第2弾マキシシングルをリリース予定。アルバムの制作も現在同時進行中。

何はともあれ是非彼女のライブを観て頂きたい。
六本木スーパーデラックスから、ライジングサンロックフェスティバル、比叡山延暦寺、愛・地球博、また砂浜から銀行、船の上まで!
全国のパワースポットにてピリッとじわーんなスパイシーライブを現在展開中!

大注目☆歌謡界のティンカーベル!

このページをご覧いただくには最新のFlashPlayerが必要です。Adobe社よりダウンロードしてください。